読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
http://d.hatena.ne.jp/d1021/


●米国は核能力を拡大すべきとする12月のツイートについて

「われわれは核兵器能力において遅れを取っている。私は核のない世界を誰よりも見たいと思っている人間だ。しかし、それが友好国であっても、他国に劣るつもりは決してない。核兵器で後れを取ることは決してない。

確かに私はそうツイートした。核兵器をどこの国も持たなければ素晴らしいし、それが理想だ。だが各国が核兵器を持とうとするなら、われわれはその頂点に立つ」

●ロシアと締結した新戦略兵器削減条約(新START)について

「われわれが結んでいる他の協定と同じく、一方的な協定だ。決して許すべきではないことを与えてしまった。米国が行ったまずい協定の一つだ。

親STARTも、イランとの核合意も、かつて米国が結んだなかでひどい協定の1つだ。われわれの国はひどい協定しか結んでいない。良い協定を結んでいない。従って、私たちは良い協定を作り始める」

●ロシアが中距離核戦力全廃条約に違反して、巡航ミサイルを配備したことについて

「私にとってこれは大きな問題だ。(ロシアのプーチン大統領に)会ったら、これを取り上げる。この問題は大きい。なぜならわれわれが結んでいる条約に違反しているからだ」

南シナ海における中国の軍事活動について

「中国と北朝鮮、そして他の国々の間で何が起きているのか、私は正確に把握している。しかし私は新聞で軍事戦略を語るのは好きではない。オバマ政権ではあったことだが、トランプ政権ではない。

許されるべきではなかったことがたくさん起きた。その一つが、南シナ海での大規模な軍事施設の建造だ。私が大統領に就任してからまだ4週間しかたっていないことを忘れないでほしい。これは3年前に始まったことで、当時の方がもっと有利に交渉できる立場にあった。そのことには不満がある」

●中国が為替操作をしているとみられることについて

「私は彼ら(中国)を為替操作のグランド・チャンピオンだと考えている。私は持論を引っ込めてはいない。どうなるかは今後分かる」

●中国が北朝鮮からの石炭輸入を禁止したことについて

「われわれはそれを評価している。(中国の)習近平国家主席との電話会談は非常に、非常に良いものだった。それは第一歩となる。

しかし世界は北朝鮮と、非常に危険で、とても大きな問題を抱えている。中国は北朝鮮に対し、この上ない影響力を持っていると思う。それを認めるかどうかは中国次第だが、この上ない影響力を持っている。中国にその意思があれば、この問題は非常に簡単に解決できると私は考えている」

北朝鮮のミサイル開発について

「非常に危険であり、何年も前に対処されるべきだった。とても危険なだけでなく、非常に受け入れがたい。そして日本にとっては、とても不当な状況だ」

●日本と韓国のミサイル防衛システムを加速する協議について

「それ以上の話をしている。今後何が起きるか分かるだろう。しかし非常に危険な状況だ。私の考えでは、中国がそれをいとも簡単に終わらせることができる。ミサイル防衛は対処し得る多くの問題の1つだ」

北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長と会談する可能性について

「私は決してノーとは言わない。まだかなり先になるのではないか。現在の状況からすれば、まだ当分先のことだ。われわれは彼がしたことに非常に怒りを覚えている。オバマ政権で対処すべきだったというのが私の率直な意見だ」

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170224#1487933854